「コラボスニーカー」OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー “ブラック&ボルト”をご紹介!【購入リンクあり】

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック&ボルト" AIR FORCE 1
■ 毎日更新!定価以下で買える人気スニーカー!

スニダン招待コード「MAFWHM」←どうぞご自由にお使い下さい。

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

ここでは、「OFF-WHITE × NIKE AIR FORCE1 LOW “BLACK & VOLT”」についてご紹介させていただきます。

それでは、早速ご紹介させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

オフホワイトとは

「OFF-WHITE(オフホワイト)」とは、アメリカのデザイナー「ヴァージル・アブロー」によって、2012年のイタリアのミラノで設立された、ストリート系高級ファッションブランドの事です。

「OFF-WHITE」の特徴として、引用符の使用、ジップネクタイ、黄色の工業用バックルベルトデザイン、十字を作成する4方向矢印デザインなどのアイテムがあります。

「NIKE」「Levi’s」「Rimowa」「Champion」「Converse」「Timberland」「IKEA」など多岐にわたってコラボしてます。

世界中のストリートで絶大な人気を博す、今大注目のブランドです。

「OFF-WHITE」コラボスニーカー一覧

ナイキ エアフォース 1とは

NIKE エアフォース1 ロー

ナイキの「エアフォース1」は、1982年にバスケットボールシューズとして、当時のデザイナー「ブルース・キルゴア」により誕生しました。

「ナイキエア」を搭載した世界初のスニーカーです。

ヒールにエアクッションを備え、フィッティングを高めるためにアンクルストラップを搭載させるなど、当時の最先端の機能を備えたバスケットボールシューズでした。

発売当初はハイカットのみでしたが、遅れてローカットが登場し、1994年にはミッドカットまで登場しています。

もともとバスケットボールシューズでしたが、ストリートでも絶大な人気を誇り、今では様々なブランドやアーティストとコラボし、ストリートファッションで欠かせない不動の地位を確立しています。

OFF-WHITE × NIKE AIR FORCE1 LOW “BLACK & VOLT”

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック&ボルト"

■オフホワイト × ナイキ エアフォース1 ロー “ブラック & ボルト”

■発売日:2018年12月19日

「OFF-WHITE」と「NIKE AIR FORCE1」のコラボスニーカー。

通常より少し大きめのスウッシュは、目立つステッチで縫い付けられ、一緒にオレンジタグも縫い付けられています。シュータンのロゴも通常よりズレた位置に配置されています。

ミッドソールには「”AIR”」のロゴが入り、シューレースにも「SHOELACES」のロゴが入ります。

「OFF-WHITE」で定番のジップタイも装備しています。

カラー展開は、”ブラック”とネオングリーンの”ボルト”の2色展開です。

購入リンク

▼ブラック

SNKRDUNK

StockX

▼ボルト

SNKRDUNK

StockX

ギャラリー(ブラック)

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ブラック"

ギャラリー(ボルト)

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

OFF-WHITE × NIKE エアフォース1 ロー "ボルト"

まとめ

いかがでしたか?

「OFF-WHITE」コラボの「AIR FORCE1」は、何色もありますがどれも非常に人気のため、欲しいと思ったら迷わず購入がおすすめです。

それでは、最後までお付き合いありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました